お酒の保存方法

日本酒は、高温と光を嫌います。日本酒のビンが茶色が多いのは、光を遮断するためです。高温や光がさす場所での保存は日本酒を劣化させてしまうので、冷暗所に保存するようにしてください。さらに、新聞紙などで包んで保存すると、日光がしっかり遮断できるので安心です。
また、開封した日本酒は数日以内で飲みきるのが理想的です。
生酒の場合は「火入れ」 と呼ばれる過程を行っていないため、容器や温度の影響をとても受けやすいお酒なので、ご家庭で保存される場合も冷蔵庫など冷暗所で保存しましょう。