生酛造りとは

「生酛造り」は、昔ながらの伝統的な造り方で、何百年もの時を経て伝承されてきた酒造りの原点と言える製法で、自然の乳酸菌の力を借りて育った力強い酵母が醸す味わいには、日本酒本来の旨さが息づいています。明治時代以降に山廃酛(やまはいもと)、ついで速醸酛(そくじょうもと)が考案されました。
近年、「生酛造り」は日本の伝統文化が再評価される中で脚光を浴びつつあります。