日本酒の種類

 大吟醸酒
精米歩合50%以下、醸造アルコールを添加。
固有の香味、色沢が特に良好とされるもの。 

 純米大吟醸酒
精米歩合50%以下、醸造アルコール添加なし。
醸造アルコールを添加した大吟醸酒に比べると、香りが穏やかで深い味わいとなるのが特徴。

 吟醸酒
精米歩合60%以下、醸造アルコールを添加。
果物のような香りと、軽快でフルーティーな味わい。

 純米吟醸酒
精米歩合60%以下、醸造アルコール添加なし。

 本醸造酒
精米歩合70%以下、醸造アルコールを添加。
味は、キリリとした辛口になります。
主に食中酒として飲まれることが多いお酒です。

 純米酒
精米歩合の規定なし。醸造アルコール添加なし。
米、米こうじ、及び水を原料としたお酒。
これこそが昔からの日本酒というべきもの。
米のふくよかな香り、コクのある味わい。とても口当たりが良い。